鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS
TOP / / 20061028

第18号:一緒に働きたい上司の条件とは何か?

 今回と次回は「こんな上司と働きたい」として管理者向けに「一緒に働きたい上司の条件とは何か?」を2回に分けてお話したいと思います。


「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」
山本 五十六

 部下がついてこない上司は、部下に「やれ、やれ」と言いながらも、上司自身、実際にやってみせることをしません。
自分ではやれなくなってしまっているから、部下に見せることができないこともあります。
上司ができないことを部下に「やれ」と言っていることも多いのです。
部下の側からすれば、たとえ上司がそれができるとわかっていても、目の前でやってみせてくれないと、上司に対する信頼感は生まれてきません。
柔らかな言葉遣いで「こうするんです。まず私がやってみますから、見ていてくださいね」と言われると、絶大な信頼感を持って、上司の話を聞くようになるのです。


人を動かすことが上手い人は、廊下での立ち話が上手い。

上司が部下に何か命令するときも、「ちょっと会議室へ来い」とか、「ちょっと応接室へ来い」と呼んで、隠れたところでこそこそ命令するのでは、人は動きません。
廊下ですれ違いざまに、「ああ、あれ、悪いけど、こうしてよ」と頼むと、意外にその人はやってくれます。
ところが、上司はつい密室主義になってしまいます。
廊下などでは命令しないし、ダイレクトに物を言いません。
その場の立ち話で済むようなことでも、なかなか本題を言ってくれません。
「今から会議をしよう、ちょっと来い」と言われて、会議室に呼ばれます。
その時点で部下としては、何を言われるかと思って、もう身構えてしまいます。
それで部下が動くかといえば、それは逆です。
すれ違ったときに、「ああ、悪いけど、これやっておいて」と、もっと軽く言ったほうが、相手はもっと動いてくれます。

「立ち話の達人」になれることが大事です。
立ち話の達人は、物事を大袈裟に言いません。
物事をまとめても言いません。
命令が下手な人は、あれもこれもまとめて言ってしまいます。
人間は三つ以上言われたら、もう何が何だかわからなくなって、プレッシャーを受けてしまいます。
一度にまとめて言わずに、小さいことを一つ一つ言っていくことが大切です。
小さいことを一つ一つ伝えるのは、面倒で手間がかかりますが、その手間を省いてしまうと、一番良い話したいことの論点もずれます。


褒めるときには、具体的に褒めることが大切です。

美人に美人と言っても駄目だというのは、どこがどう美しいのか具体的ではないからです。
おいしいものをおいしいといっても、褒めていることにならないのです。
褒め上手の人は、必ず具体的に褒めます。
ところが、具体的に褒めるのは非常に難しいのです。
それだけ、観察力が求められるからです。


中間管理職の人たちは、褒めているつもりになっているのだけれども、それは決して褒めていることになっていないことをよく見ます。
なぜなら、褒め方が「美人だね」型だからです。
そのくせ、叱るときには、重箱の隅をほじくるように、ねちねちと叱ります。
そうではなくて、重箱の隅をほじくるように、褒めればよいのです。

重箱の隅をほじくるように叱られるのが、なぜ嫌かというと、あながち嘘ではないからです。
そんなところまでチェックを入れるせこい上司、といった印象を与えるからです。
根も葉もないことではないから、嫌な気持ちになるのです。


上司は、観察力がないわけでは決してありません。
なぜなら、叱るときには、あれほど重箱の隅をほじる観察力を発揮するからです。

このページのURLをMailで送る

siteDev extends PukiWiki 1.4.4 Copyright © 2001-2004 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji customized by php spot.