鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS
TOP / / / /

第15回 柔整師国家試験:157

誤っているのはどれか。

1.末端肥大症では内臓肥大がみられる。
2.末端肥大症は視床下部腫瘍が原因である。
3.下垂体性小人病では骨年齢は正常である。
4.尿崩症では低張尿が認められる。


※現在速報段階であり、今後訂正される可能性があります。
SQS調べ:模範解答

SQS協賛校選択肢
a1
b1
c1
d3
e3

※SQS利用者の解答も投票できます

選択肢 投票
1 選択肢1 1   
2 選択肢2 0   
3 選択肢3 4   
4 選択肢4 0   

※SQSで問題を入手する前に問題内容、選択肢がお分かりになる方がいらっしゃったら、下記コメントに書いていただけると助かります。


  • 内臓肥大あります!!心臓、腎、甲状腺などが肥大します!! -- saki
  • あと・・・下垂体小人は骨年齢がおくれます!! -- さき

#comment();


このページのURLをMailで送る

siteDev extends PukiWiki 1.4.4 Copyright © 2001-2004 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji customized by php spot.