鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS 鍼灸整骨総合サイトSQS
TOP / 2010 / 05 / 17

柔道整復療養費の算定基準の見直し

厚生労働省

1.改定率

 平成22年度の診療報酬改定における医科外来の改定率が0.31%であったこと、及び行政刷新会議における多部位請求適正化の指摘等を踏まえ、±%とする。

2.算定基準の見直し

(1)多部位請求の適正化

 4部位目の給付率の見直し
  33%→0%
 3部位目の給付率の見直し
  80%→70%

(2)技術料の見直し

 後療料(打撲・捻挫)470円→500円(+30円)

(3)その他の適正化事項

 <算定基準関係>
 3部位目以上の請求は部位毎に負傷の原因を記載する。
 ⇔亮書の無料発行を義務付ける。
 L精拿颪砲弔い討牢望する者に発行するよう義務付ける(実費徴収可)。
 す折・脱臼の医師の同意に関する記載は施術録と同様に、申請書の適用欄にも記載することとする。
 セ抖訖柔曾颪忙椽册の記載を義務付ける。
 <その他>
 ι埓掬があった場合に施術管理者だけでなく、施術所の開設者の責任についても問えるよう受領委任の取扱い関係の通知の改正を行う。

3.実施時期

 平成22年6月1日
 〔(3) 銑さ擇哭Δ砲弔い討亙神22年9月1日〕
 〔(3)イ砲弔い討亙神23年1月1日〕


このページのURLをMailで送る

siteDev extends PukiWiki 1.4.4 Copyright © 2001-2004 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji customized by php spot.